D.F.C TypeⅠ-Ninja <Ninja対Ninja> K-117

No.K-117

DSCF7334_K-117_D.F.C NinjaxNinja-18

 

Ninja対Ninjaのデュアル.フレーム.コンバート
■Ninjaのウイークポイント⇒究極の解消改善策
⇒今までのカスタムNinjaのハヤリの主流とは・・・・
走りを求めなんとなく帳尻あわせした前傾式に&オーバーSPECな
高額部品の重装備の体裁仕様ばかり・・・

もっと大事な一番改善したい所を飛び越し..見てみぬフリ?それでも求める体裁?
そんなカスタム業界の風潮の中、、AUTOMAGICはそのウイークポイントを直視!!
最も重要な所から改善策に挑戦しました
また、カスタム高騰化の理由の一つに高価な部品の重装備が有ります。
カスタム離れの一つの要因でもあります。
多くのSHOPは部品SPECの向上でポテンシャルアップを主張して居ますが、、
工夫や創り込み、そして充分使える純正部品をチョイスで、、、
そのコストパフォーマンスとポテンシャルアップも見て知って頂きたいと思います。
何でも『高けりゃイイ』『着けりゃイイ』 ではありません。
今現在のNinjaカスタムシーンの中でAUTOMAGIC流の走りや合理性を求めた手法です。


 

 

<カスタム過程>

カスタム第一段階

P2280237_K-117_D.F.C NinjaxNinja-1P2240171_K-117_D.F.C NinjaxNinja-5P2240172_K-117_D.F.C NinjaxNinja-6P2240173_K-117_D.F.C NinjaxNinja-7

P2240176_K-117_D.F.C NinjaxNinja-8P2280239_K-117_D.F.C NinjaxNinja-9DSCF0499_K-117_D.F.C NinjaxNinja-2P3280115_K-117_D.F.C NinjaxNinja-11

P2070079_K-117_D.F.C NinjaxNinja-3P8100321_K-117_D.F.C NinjaxNinja-126388_K-117_D.F.C NinjaxNinja-14P2240170_K-117_D.F.C NinjaxNinja-4


 

 

 

カスタム第二段階

※サイレンサーはオーナー様のDIY作です!

DSCF7339_K-117_D.F.C NinjaxNinja-19DSCF7345_K-117_D.F.C NinjaxNinja-20DSCF7338_K-117_D.F.C NinjaxNinja-21DSCF7347_K-117_D.F.C NinjaxNinja-22

 

ピックアップギャラリー

【スペック】

・オリジナリティが高い・至難と思われがちの骨格カスタム
・メンテナンス性抜群・究極の流用カスタム
・社外&純正部品対応幅と流用できる幅がかなり広いです
・ディメンション再設定が可能

※頑丈なマウント+脱着式ZZR1100ダウンチューブ
エンジンを頼らすフレーム単体で強度アリ
ノーマルEg~ZRX系まで何でもラバーマウント可能
ピポット廻りのフレーム補強
タイヤ200まで可能なチェーンライン
エンジン選択肢対応幅最多
純正Egそのままでも、Tuneしても良し。
他の元々パワフルな同系Egを換装しても面白い!
チューニングリスクを考え、EG換装でパワフルなのに
マージンは純正並と言うZRX系やGPZ-2系エンジンが定番です。
そこで出てくるダウンチューブのマフラー干渉やラジエターとの相性問題...と
その不都合解決や変更部品で、ついつい予算オーバーしがちです。
Ninja/ZRX/ZZR/RX/ZX10/GPZ-2系エンジン
共通で使えて&極力センタ集合のマフラーを開発しました!!!

『3ModeMagicEx』と命名・・・
コレは非常に汎用性が高く便利でアンダーカウルにも都合のよい、
エンジン替えてもコレなら1本で大丈夫です。(別画像になります)

・※キャスター角⇒26度に再設定
Ninjaのメインフレームをピポット上で一旦カットします。
ココでカットする事でEGヘッドのマウント穴を中心に
回転させお好みに合わせキャスター角度再設定します。
キャスター各29度もあるツアラーマシンだったNinjaもコレで
スイングアームをチェーンガイドローラ付けるほど極端に垂らし?
車体全体を前傾させることなく、車体の下半分は地面と純正値です。

※ピポットφ25化⇒ZX12Rスイングアーム流用
Ninjaカスタムで足回り強化として、
極太スイングアームやリヤホイールシャフト太く...と良く見かけますが、
肝心要のピポットシャフトを忘れてはいけません。
Bikeはピポットシャフトを軸に押されて前に進んでます。
17インチ化でリヤのアクスルシャフト位置は純正より下がりその分
ピポット位置が上げたくなるSETは、重心も関係し前に押すより
ウイリーしたがる方向と言えるでしょう・・・
と言う事でピポットはBikeのヘソでありカナメです。
強度も位置関係も優先順位的にも非常に重要な部位です


※キャスター角26度にD.F.Cによるディメンション再設定。
お客様がチョイスしたZX12Rスイングアームは長いのでは?と思いきや・・
実際はキャスターが立つ事でFアクスル位置はショート方向になり。
NinjaのSTDホイールベースに比べ10mm長いだけでした。
車体全体的に見ますと
「エンジンとピポット位置」が前にSETされ
結果的に理想形になりました。

【ベースマシーン】

GPz900R

【ドナーマシーン】

Ninja系

【足廻り】

・ZRX1200フロントフォーク&ホイール廻り一式
・ZXZ12Rスイングアーム&ホイール
・OHLINSリヤサス

【ブレーキ】

・ZXZ12Rブレーキ廻り一式
・φ320ローター
・Bremboマスター&キャリパー
・セパハン

【フレーム・ポディション関連】

・ZRX1200ステム廻り一式
・STDステッププレート+BS

【エンジン】

・GPZ1100-2型エンジン
・ZRX1100オイルパン+『3ModeMagicEx』装着予定
・BlackBody-FCR
・Bigラジエター
・OIL-Cooolerレス

【その他パーツ】

・オーナー本人のオールペイント
・リヤフェンダーレス
・ZXR750メーター

KAWASAKI Works一覧 KAWASAKIロゴ

TOPへ戻る