CBR400F H-4

No.H-4

流用パーツのスペックを使って、適正な構成を獲得する

63_H-4_CBR400F-1

ピックアップギャラリー

【ベースマシーン】

CBR400F

【足廻り】

・フロントまわりはRVF(400)を移植して倒立フォークへと変更。
・ホイールはNSR250Rの3.00-17マグホイールを履き、CBRの2.50-16インチから17インチ化されている。
・テンションロッドやリンクプレートもワンオフで製作。
・リヤホイールもNSR250純正マグで、サイズは2.75-18→4.50-17に。

【フレーム・ポディション関連】

・ハンドルはRVF(400)のトッフブリッジに、ポストを追加することで、バーハン仕様とされている。
・車体姿勢を決めるための作業は、オーナー同席で納得のいくまで、じっくり煮詰めた。

【エンジン】

・クランクケース、クランク、シリンダーなどにCBX550Fを使い、エンジンをスケールアップ。
 このケース交換でオイルライン追加などが必要に。
・キャブはFCRφ28mm。
・左出しのEXは、オートマジックワンオフ。

【その他パーツ】

・メーターはCBR純正。

TOPへ戻る