GSX750S-Ⅲ S-8

No.S-8

自ら開いた定番手法を進めて、新たな走りを造りこむ

64-gsx750s_S-8_GSX750S-Ⅲ-1

ピックアップギャラリー

【ベースマシーン】

GSX750S-Ⅲ

【足廻り】

・フロントまわりはGSF1200移植。アンチノーズダイブ機構PDF付きのフォークはφ43mmの現代的なものになり、
 ホイールサイズも2.15-16/2.50-17→3.50-17/5.50-17に。
・リヤもGSF1200移植だが、フルフローター式とリンク式とで作動方式が異なるため。
 フレーム改造によりリンクまわりを、位置関係ごとGSF方式に変更。同店では手慣れた手法。

【フレーム・ポディション関連】

・ハンドルバーはサンセイセパレートで、トップブリッジほかはGSF1200パーツで構成する。

【エンジン】

・エンジンもGSF1200となるが、各部カバーをⅢ型カタナ同様のゴールドペイントで仕上げ、違和感を打ち消してきている。
・EXもオートマジック製ステン/カーボン。

【その他パーツ】

・パネル3分割スタイルのメーターもⅢ型カタナの特徴(中央が速度計、右が回転計)。この左側に湯温計を改めて収めている。

TOPへ戻る