GSX750 S-7

No.S-7

油令ユニットで生まれる多くのメリット

gsx750_S-7_GSX750S-1

ピックアップギャラリー

【ベースマシーン】

GSX750

【足廻り】

・フロントもGSF-ABS使用を"フル"活用、剛性と信頼性を向上。フォークはφ37一43mmに、ホイールも3.50-17/5.50-17で選択幅拡大。

【フレーム・ポディション関連】

・ピポットシャフト後方のガセットほか5カ所のフレーム補強と、厚みと硬度のあるマウントプレートで剛性も確保。
・ステップもプレートごとGSF-STDをセット。これはポジションを変えたいとき、GSF用アフターパーツから選べるという利点も生んだ。

【エンジン】

・エンジンはGSF1200のフルパワー仕様、新品へ換装。
・ヨシムラTMRφ41mmキヤブ+MJNオリジナルの手曲げステンカーボンEXとで、STDの750カタナ(国内72ps)のほぼ倍近いパワーを生み出す。

【その他パーツ】

・メーターはGSX-S・STDでベース車の走行距離(2万100km)を示す。
・GSF用バーハンやフォークとカタナカウルの干渉も一切なく、ABSも含め実用性と完成度は高い位置で両立される。

TOPへ戻る