No.K-38「GPZ900R」

No.K-38

ジオメトリーを見据えた選択

54_K-38_GPz900R-1

ピックアップギャラリー

【ベースマシーン】

GPZ900R

【足廻り】

・車高調整はフォーク突き出し、オーリンズTYPE-4サスなどによる。
 STDに近いディメンション設定とショートオフセットでクイック&ニュートラルな
 ハンドリングを実現。
・ホイールはZZ-R1100(前D用3.50-17/後C用5.50-17)。
 ニンジャ系カスタムでは、5.00インチ幅リヤホイール&170タイヤ(スプロケオフセット8mm)が
 限界サイズと言われるが、この車両ではフレーム加工などにより、リヤ=5.5インチ&180タイヤを
 実現している(スプロケオフセットは10mm)。

【ブレーキ】

・前後ブレーキはプレンポに変更して強化。

【エンジン】

・エンジンはワイセコφ75mmピストン、ヨシムラST-1を組む、定番の972cc仕様。
・冷却系はZRX系ラウンドラジエーター、M&S製ラウンドO/Cなどで強化している。
・吸排気系はFCRφ39mm+ツキギ製エキパイ~テールパイプ。
・サイレンサーはオリジナルに変更。

KAWASAKI Works一覧 KAWASAKIロゴ

TOPへ戻る